よくあるご質問

  • 事故で腕時計のサファイアクリスタルが砕けてしまいました。交換できますか?

    サファイアクリスタルはなかなか傷がつきません(ダイヤモンドでしか傷をつけられない)が、こうしたことも起こり得ます。非常に硬いのですが、それがもろさにつながる場合もあります。浴室のセラミックタイルの床に腕時計を落とすと、サファイアクリスタルが割れる可能性があります。この種の事故は保証対象となりません。

    サファイアクリスタルの交換は可能です。クリスタルの破片がムーブメントの中に入っている可能性があるので、腕時計を修理点検に出すことをお奨めします。これらのサービスは有料となります。

  • 事故でケースがひどく傷んでしまいました。交換できますか?

    製造過程でケースの欠陥が生じた場合は、もちろんケースを無料で交換いたします。ただし、事故でケースがひどく損傷し、交換が必要な場合は、ケースの交換は可能ですが、新しいケースの代金は有料となります。

  • 「Van Brauge」のすべての腕時計には品質保証が付いていますか?

    オンラインストアwww.vanbraugewatches.com、または認定販売店で購入されたすべての時計にはVan Brauge国際保証書が付いており、無期限で製造欠陥に対する保証を行っております。

    ご購入日から24ヵ月以上経過している場合は、すべての修理の人件費と交換部品代を請求させていただきます。

  • エバーグレード・アリゲーター・ストラップとレザーストラップはどれくらい長持ちしますか?

    Van Braugeでは、エバーグレード・アリゲーター・レザーストラップを細心の配慮の下で製造し、最高の品質を備えているかテストしています。Van Braugeのレザーストラップは、通常の使用状態で、平均的な寿命期間(6〜12ヵ月間)耐久するはずです。これは装着する頻度と使用する環境によって異なります。例えば、水に濡れるとストラップの摩損が早まる可能性があります。お買い求めの腕時計には2つのストラップが付いています。この2つを交換しながらお使いいただくことで、ストラップの寿命を延ばし、腕時計の新品のような外観を保つことができます。

  • ストラップのバックルが壊れました。交換できますか?

    レザーストラップのステンレススチール製または18Kゴールド製のバックルが壊れ、交換を希望される場合は、新しいステンレススチール製のバックルをご購入いただけます。また、18Kゴールドのバックルの修理が可能な場合もあります。

    ブレスレットの場合、それが一般的な摩損でない限り、こうした修理をお受けすること(そして修理代を請求すること)は適切でないと考えます。経験上、ブレスレットの他の部分がすでに摩耗していると、バックルを新しくしてもしっかりと留まりません。こうした状況では、バックルを無料で交換いたします。

  • 文字盤に「Automatic」と書かれていますが、どういう意味ですか?

    「Automatic」(自動巻き)とは、腕時計のムーブメントの機能のことです。自動巻き機械式ムーブメントVB 24Aでは、毎日リュウズを巻く必要はありません。ただし、これは身に着ける人の手首の動きによります。完全に巻いた時のパワーリザーブは32〜38時間です。腕時計の自動巻き機構は、身に着ける人の活動量と直接関係しています。一日10〜12時間装着すると、20時間以上のパワーリザーブが発生します。これだけのパワーリザーブがあれば夜間もずっと動き続けます。ただし、数日間時計を装着しないと、パワーリザーブは減少します。最初から可能な限り最高の性能を発揮させるには、手でリュウズを時計回りに15回程度巻くことをお奨めします。

  • 腕時計の文字盤と針の光の元は何ですか?

    Van Braugeの腕時計は、文字盤と針にSuper-LumiNovaを使用しています。針と時間インデックスにSuper-LumiNovaが塗布されています。

    Super-LumiNovaは、日光や人工光からの光を蓄える蓄光材です。そのため、ダイアルと針を暗闇で光らせるには、腕時計を明るい光に当てる必要があります。Van Braugeでは、さまざまな腕時計のモデルに合わせて、Super-LumiNovaの色(C1 – ホワイト / グリーン、C3 – ライトグリーン / グリーン、C7 – グリーン / グリーン)を使い分けています。

  • どれくらいの頻度で腕時計を修理点検に出す必要がありますか?

    腕時計の耐水性を保証するには、18ヵ月毎に耐水性チェックを受けることをお奨めします。

    腕時計の精度を保つには、4〜5年に一度完全な修理点検を受けることをお奨めします。

    修理点検中、摩耗したムーブメントの機械部品を交換する必要がある場合、この部品代は修理点検料金に含まれます。リュウズは無料で新しいものと交換されます。さらに料金に含まれるものには、ケースのポリッシュ加工またはブラシ加工(腕時計のモデルによる)の代金があります。

  • 文字盤に「Shock Resistant」と書かれていますが、どういう意味ですか?

    モディファイド11 ½リーニュの自動巻きムーブメントVB – 24Aには26個の受け石が使われています。テンプの軸(天真)およびテン輪を支える受け石の軸受は、支える質量に対し壊れやすくなっています。耐震装置がなければ、衝撃を受けたときに最もダメージを受けやすい部品です。

    VB 24A自動巻きムーブメントは、耐震装置インカブロックを搭載し、衝撃を受けたときに「ライアー形」のばねを使って、より強度のあるテン輪の中心軸が強度のある金属エンドピースに当たるまで、デリケートな軸受の位置を移動させます。こうすることで、テンプの軸と軸受が衝撃の力を受けないようにします。衝撃がなくなると、部品はばねの力で元の位置に戻ります。中心軸自体は受け石の軸受に対して動きませんが、軸受全体がメタルブッシングに乗せられており、メタルブッシングはバネの力を受けてメタルエンドピース内で自由に動きます。このようにして、腕時計が不意の衝撃によりダメージを受けないように保護しています。