弊社について

Max Van Brauge’s parents in Hyde Park, London, 1954. His mother on the far right, and his father on the left, wearing the watch that inspired Max.

父から息子へ

1975年、マックス・ヴァン・ブロージュは10歳の時、父親から腕時計を譲り受けました。それは、クラシックな1950年代の25石スイス製自動巻き腕時計でした。当時、知的職業に就く人々はこうした腕時計をよく身に着けていました。イギリス紳士に欠かせないスタイルと洗練を思い起こさせる時計でした。

Max Van Brauge’s father’s watch.


この初めての腕時計のクラシックなデザインと品質は、マックス少年の想像力に火を付けました。この腕時計を持ったことが運命を変え、マックス・ヴァン・ブロージュは時計師として第一歩を踏み出したのです。

Max at the bench.

時計師

マックスが最初に学んだのは、実は宝石細工でした。でも彼の頭の中にはいつも、父の腕時計についてもっと学びたい、という願いがありました。そして父の腕時計用のケースをデザインし始めましたが、すぐに腕時計作りの世界に深く踏み込んで行きます。マックスは時計師として修行を積みました。バーミンガムのWatchmaking School、British Horological Institute、チチェスターのWest Dean College、そしてサザビーズやクリスティーズで長い年月をかけて時計師として学びを深め、技術を磨きました。

The eternal beauty of the city of Oxford inspired Van Brauge’s Oxford Collection of Gentlemen’s Watches.

オックスフォード

マックスは、歴史あるオックスフォードの街で、時計師としてのキャリアをスタートさせました。彼は後に、この土地からインスピレーションを得て、紳士用腕時計シリーズOxford Collectionを誕生させます。オックスフォードは、本物であること、クラシックであること、知的な洗練、美しさ、というVan Braugeの腕時計のスピリットを呼び覚ましました。オックスフォードの街のように、Van BraugeのOxford Collectionには、永遠に色褪せない魅力を湛えた繊細なスタイルと品質が絶妙なバランスで存在しています。

海外でのイングランドらしさ

マックスは、オックスフォードでの開業当初から、数々の国際的な大企業から時計師としての技術を請われ、ドイツとスイスで働きました。しかし、父の腕時計のようなクラシックなスタイルに立ち返って、時計師として自分だけの個性的なスタイルを創りたいという願いから、マックスはVan Brauge腕時計を創設したのです。

Van Brauge Watch Company

ミッション

Van Braugeのミッションは、妥協のない卓越性と本物の美しさを備えるクラシックな腕時計を作ることです。彼の願いは、こうしたコレクションを腕時計の熱烈なファンやコレクターだけでなく、クラシックなスタイルと匠の技を反映する時計を購入したいと願う人々に届けることです。